いろいろある!バイトの働き方についての基礎知識

長期バイトは収入が安定している

長期バイトは、働く期間が3ヶ月以上のものを指します。毎月安定した収入が得られるというメリットがあるほか、学生の場合だと、社会経験になったり就職活動にも活かせるというメリットがあるでしょう。長期バイトの働き方の特徴は、週に何日働くかや、何時から何時まで働くかといったシフト(予定)が組まれることです。また職種としては、飲食店やコンビニ、そしてカラオケ店などの接客業のほか、工場勤務や、警備員などの仕事があります。

短期バイトは時給が高い

短期バイトは、働く期間が3ヶ月未満のものを指します。短いものだと1日~数日だけの仕事もあり、特に1日だけの仕事は単発バイトなどと呼ばれることもあります。今すぐお金が欲しい場合に収入が得られるというメリットがあるほか、長期のものに比べて時給が高いというメリットも挙げられます。職種としては、イベントスタッフや交通量調査などがあるほか、季節限定のものとして、リゾートバイトや、クリスマスケーキの販売などの仕事もあります。

登録制バイトは仕事が紹介して貰える

登録制バイトは、まず派遣会社に登録した上で実際に働く職場へ派遣されるという働き方のことです。一般的なバイトは、お店や会社などが直接バイトを雇うという形態を取っているのですが、登録制の場合は派遣会社に雇用されるという形態になります。なので給料は、実際の職場ではなく派遣会社から支払われます。職種としては、先ほど紹介した長期や短期のものまでさまざまあります。また登録制バイトには、一つの仕事が終了しても、次の仕事を紹介して貰えるというメリットがあります。

ソフトバンクの求人の職種は、ショップスタッフや営業などが中心となっており、それぞれの適性に合わせてチャレンジをすることが大事です。

コメントは受け付けていません。