あなたならどの学校を選ぶ!?保育士の免許を取得するために

どうすれば保育士資格を取得できるの?

働くお母さんのかわりに子供を預かりお世話をする保育士。いつもニコニコ優しいイメージがありますよね。保育士として仕事をするためには保育士の免許である保育士の資格を取得する必要があります。保育士の資格を取得するためには、大学、短大、専門学校などの保育士養成施設に通い、必要単位を取得して卒業する方法、年に1回行われる保育士試験を受けて合格する方法などがあげられます。学校に通おうと考えても、大学、短大、専門学校と選択肢があり、まよってしまいますよね。そこで今回は学校別にめりとやデメリットをご紹介したいと思います。

四年制大学に通う場合

まずはじめに大学に通う場合です。保育士資格を取得するためには、必須科目がたくさんあります。大学は4年間で学ぶため、余裕をもってカリキュラムを組むことができるのが一番のメリットでしょう。また、専門的な勉強だけでなく他の科目についても学ぶことができることも魅力の一つです。デメリットとしては、4年間通うので学費がかさむということがあげられます。保育士は、現場に出てからいろいろな経験を積んで成長していくので仕事を始めるのが遅くなるということも頭に入れておくとよいでしょう。

短大や専門学校に通う場合

次に短大や専門学校に通う場合です。基本的に短大も専門学校も2年間通うことになります。2年間で保育士資格を取得するための必須科目を全てこなさなければならないので、とてもハードな学生生活になるといえるでしょう。短大では英語などの専門分野以外の講義もありますが、専門学校では専門分野の勉強が主となります。どちらも2年間を終えればすぐに保育の現場に出て仕事を始められるので、経験を積んで成長していく仕事としてはメリットといえるでしょう。

保育所が増えてきているので、保育園の求人も増えてきています。早朝や延長保育の時間帯の求人が多いです。

コメントは受け付けていません。