保育士の免許ってどうやって取るの?詳しく紹介します!

学校に通って免許を取得しましょう!

保育士の免許は、取ろうと思えば簡単に取れるものではありません。国家資格ですので、それなりの段階を踏まなければいけません。資格を取るには大きく二つの方法がありますが、まず一般的なのは学校に通う方法です。学校とは、4年制大学や二年生の短大、各種専門学校のことを言います。保育士養成課程がある学校に通えば、そこで二年から四年ほどかけて、勉強したり実習したりして、卒業と同時に資格を取ることができますので、大変効率が良いですよ。

独学で免許を取得する方法とは!

一般的には保育士養成課程がある学校に通って免許を取るのが一番簡単な方法になります。というのも、その他の方法で資格を取ろうと思ったら、国家試験を受けなければいけないからです。保育士の試験は非常に難易度が高く、合格率は10%と言われています。この試験を受けるために、通信教育を受けたり、または独学で参考書をもとに勉強する方もいます。学校に通うとなると時間やお金が非常にかかりますが、試験を受ける場合ですと、かなりコストを抑えることができます。

保育士免許を取ると、仕事の選択肢が広がります!

保育士の免許が取れると、仕事の幅がとても広がります。保育所や保育園といったところだけではなく、託児所、児童館、幼児教室といった場所でも保育士は求められているからです。勤務体系や勤務時間など、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるのも保育士のメリットとも言えます。生涯の職業として、年齢に関係なく長く続けることができるのが保育士という仕事ですので、子供が好き、体力に自信があるという方には向いているといえますね。

待機児童の問題が深刻さを増し、国全体での対策が必要との認識が高まりつつある事から、保育士の求人は今後増える事が見込まれます。

コメントは受け付けていません。