歯科衛生士ってどんなお仕事?業務内容とは

歯科医院に欠かせない存在

歯科衛生士とは歯科医院の看護師さんのような存在で、女性に人気の職業でもあります。仕事内容は主に、診療の補佐で歯科医師が治療しやすいようにサポートする事です。そして、患者さんの不安を取り除くためにも、声かけをするという重要な役割もあります。その他、患者さんの歯の健康を守るためにも、歯石などの口腔内の汚れを除去したり、正しい歯磨きのやり方を指導したりといった歯科予防処理も行います。歯科衛生士は欠かせない存在なのです。

活躍の場は他にも!?

歯科衛生士の仕事の場は、歯科医院だけではありません。小学校に行って歯磨きのやり方を指導したり、体が不自由で歯科医院を受診するのが難しい方のお宅に訪問してケアを行う、訪問口腔ケアなどをする事もあります。これらを「歯科保健指導」と言います。歯は一生涯付き合っていく大切な限られた資源です。思い切り歯を見せて笑えるように、ずっと自分の歯で食事ができるように、歯科衛生士は口腔内の健康をサポートする、人の役に立てるやり甲斐のあるお仕事なのです。

他にも大切な役割がある!?

歯科医師の補佐や保険指導の他にも、歯科衛生士の役目はあります。それは治療で使う器具の準備と管理です。使用する器具をきちんと準備しておかないと歯科医師がスムーズに治療を行えません。そして使用済みの器具も、きちんと洗浄し、消毒する作業も院内感染を防ぐためにも徹底的に行わなければいけません。その他、カルテの整理や、受付業務も大切な仕事です。受付けは病院の顔ですし、笑顔で丁寧に対応されると来院された患者さんも気持ちが良いですよね。

歯科衛生士の求人の条件をチェックするにあたり、賃金体系や研修制度の充実度に目を向けることがコツです。

コメントは受け付けていません。